Blog
ブログ

パーソナルトレーニングで反り腰改善するメリット

反り腰は、ヒップも上がり、姿勢も綺麗に見えがちですが、腰を痛めやすいというデメリットがあります

 

反り腰を改善するメリット、パーソナルトレーニングどう反り腰を改善するか?など反り腰についてお話していきます

パーソナルトレーニングで反り腰を改善するメリット<反り腰とは?>

反り腰とは、腰が反った状態です

自分が反り腰かどうか判断する方法は

①仰向けに寝る ②両膝を曲げる ③腰が地面に着いているか?

女性の方で、チェックして頂くと、べったりと床に腰がついています!って方は、意外と少ないイメージです

腰の下に、どのくらい、手が入るか?で、反り腰かどうかは判断しますが、手がギリギリ入るぐらいであれば、まだ問題ないですが、余裕で手が入る方は要注意

基本的には、仰向けに寝て、両膝を立てた状態では、腰がべったりと床に着くのが理想的です

パーソナルトレーニングで反り腰を改善するメリット<反り腰のデメリットは?>

私も以前は、反り腰でした

その当時は、自分が反り腰だと知らなかったですし、それが普通だと思っていました

腰が痛いわけでもないし、特にデメリットを感じる事はなかったです


しかし、腰を反るということは、常に腰に力が入っているので、腰痛のリスクはかなり高くなります

私自身は、骨格の問題というより、腰を反って立つということが普通と思っていました

子どもの時から、姿勢が悪いと、胸を張って座りなさい

小学校の先生に、胸を張って行進しましょう

なんて、言われなかったですか?

綺麗な姿勢は、胸を張るんだ、姿勢を良くするには、胸を張るんだと、思っていたので、胸を張って、腰を反るのが良いと思っていたんですね

若かったので、それによって、腰痛が起こることはなかったですが、そのままでいたら、今は確実に腰痛を悩んでいたでしょう

腰痛の原因のほとんどは、そういった姿勢からくる使いすぎが多いと思います

社会人になると、その姿勢のまま、長時間のデスクワークや立ち仕事、重い物を持ったりと、腰痛のリスクになることが増えてきます

腰を反ったまま、そういった生活になると、腰痛のリスクはかなり上がります

パーソナルトレーニングで反り腰を改善するメリット<反り腰を解決する為に>

私みたいに、正しい姿勢を間違って理解しているパターンは、解決は早いです

正しい姿勢を身体に教え込んであげれば解決します

しかし、反り腰の姿勢が原因ですでに腰痛が出てしまってるパターンや、反り腰にプラスして腰の捻じれが出てきているパターン、反り腰にプラスして、筋肉の柔軟性がなくなり、身体が固くなっているパターンなどは、プロの目線や、手技が入らないと、中々解決しないです

毎日、ストレッチすることが苦でない方や、自分で身体を動かす事が好きな方はいいですが、そうでない方の方が多いですよね

身体をほぐすことも、自分で地道にやるより、人の手が入った方が、断然早いです

その為に、パーソナルトレーニングで反り腰を治すことをお勧めします!

パーソナルトレーニングであれば、まずストレッチなどで、ほぐすことから始めますので、正しい姿勢がどこか?という事が頭で感じるのでなく、身体で感じる事ができます

大人になると、頭で理解しても、身体で表現することが難しくなるので、身体にここが正しいよと教えた状態で、頭で理解すると、正しい姿勢も長く保つ事が出来ます

その上で、姿勢をキープするためのトレーニングをするので、最短最速で結果が出ます!

パーソナルトレーニングで反り腰を改善するメリット<自宅で出来る事>

反り腰は、筋肉の使いすぎにより、なりがちですので、基本的には腰のストレッチになります

まずは、仰向けになり、両膝を曲げて、自分の腰がどれだけ反っいるかをチェックします

そこから、腰のストレッチを行います

仰向けで、両膝を曲げた状態から、膝を、左右どちらかに倒します

その状態で、約20秒キープします

ストレッチの基本は、ゆっくり動かし、自分が気持ちいい所でキープします

反対側も同じように行い、余裕があれば、2セット、3セットと行いましょう

気持ちよく行っていっれば、2セット目、3セット目と徐々に伸びていくのが分かると思います


ストレッチで、腰を伸ばした後は、腰じゃなく、腹筋に力を入れるよと、体操を行います

仰向けで寝た状態で、両膝を曲げます

恥骨(骨盤の下の方)を少しだけ持ち上げてあげると、腰が丸くなり、腰が床についてきます

少しだけ、床に腰を押し付けてあげると、腹筋に力が入ると思います

その状態で、3秒キープします

そして、ゆっくり戻します

その時に、腰を反らないようにしましょう

それを10回行い、リラックスしていると、先ほどより、腰と床との隙間が小さくなっていると思います

休憩をはさみ、3セットほど行うと、腰の反りが強くない方は、床にべったりと腰がつくようになります

反りが強い方でも、腰の力が抜け、腰が楽に感じられると思います

何度か続けていくと、身体も筋肉の使い方を変えていきますので、徐々に姿勢が変わってきます

まとめ

反り腰は、腰痛の原因になりがちです

まずは、自分がどうかをチェックして、自分の状態を把握しましょう

その上で、気になる方は、まずは自分でストレッチや体操で姿勢改善していきましょう

それでも、解決できない方や、腰痛が気になる方は、是非プロの手を借りて、パーソナルトレーニング姿勢改善していきましょう!





腰痛改善でジムに行く理由はこちらから

ブログ一覧

Contact
お問い合わせ

お問い合わせはお電話・メールフォームより承ります。
体験トレーニングも開催中。お気軽にご参加ください。