Blog
ブログ

朝食を食べるメリット

朝ご飯食べていますか?

私は、朝ご飯を食べることが当たり前と思って生きてきましたが…

朝ご飯をたべない 人が多くなっていると聞き、びっくりしています

だって、お腹が空きません?

私は、お腹が空くので、食べたいです…

断食とか無理ー!!!

と、思っています

 

朝食を食べない方…

食べない理由はありますか?

朝は、時間がない

朝は、お腹が空かない

朝は、ぎりぎりまで寝ていたい…

ダイエットの為?

朝食が必要と思っていない?

朝食を食べると調子悪くなる?

朝飯を食べると、眠くなる?

 

そんなところでしょうか?

 

今回は、朝食を食べた方がいい!そんなお話をしたいと思います

 

朝食を食べるメリット、そして、朝食を欠食することで起こるデメリット

気になる部分から、チェックしてください!

朝食を食べると、体温が上がりやすくなる

朝食を食べた方がいい、私が思うメリットの上位にくるのが…

体温が上がること!

女性は、男性と比べ、体温が低い方が多いですよね

筋肉量も男性と比べ、少ない分、朝起きてから体温が上がりきるまで時間がかかります

そこで、朝食です!

ご飯を食べると、胃腸が動き始める為、体温の上昇が早くなります

体温が上がるということは、全身の筋肉が動きやすくなるので、同じ生活をしていても、代謝が良くなります

そして、朝食を消化する為に、胃腸が活発に動けば、そこでもエネルギーを使います

ご飯を食べることで、消費カロリーが増える!

これは、ダイエットにも効果的ですし、太りにくい身体を作るのにも必要な事です

食べない事だけが、ダイエットではありませんよ

朝食を食べると、自律神経が整いやすくなる

寝てる間は、リラックスモードの「副交感神経」が優位になっています

そして、ご飯を食べる事で、戦闘モードの「交感神経」にスイッチが入ります

朝食は、「今から活動しますよ!」というスイッチになっているんです

その為、ご飯を食べる事が、交感神経と副交感神経の切り替えの役目をしているので、朝食を同じような時間に食べると言うことは、とても重要な事になります


「交感神経」や「副交感神経」のスイッチが適度に切り替わりることが、自律神経が安定していると言えるのですが

交感神経が優位になると

寝つきが悪い

眠りが浅い

という、常に興奮しているような状態になります


そして、副交感神経が優位になると

だるい

朝起きられない

という鬱のような状態になります


ストレスを感じたり、緊張したりすると、交感神経が優位になりますので

普段から、ストレスを感じやすい方、常に緊張する仕事をしている方などは、意識してリラックスするスイッチを入れるなど

意識する必要があります


しかし、自律神経のオンオフの切り替えが、朝、昼、夜と食事をとるだけで簡単に行えるので

まずは、規則正しく食事をとる!


ちゃんとした食事しなきゃ!と思わなくていいので、朝起きて、まずは少し口に入れる事から始めて下さい!

朝食を食べないと筋肉量が減る

朝ご飯を食べないデメリットです

空腹時間が長くなると、身体を動かすエネルギーがなくなり、身体の中の「筋肉」を分解してエネルギーにすると言われています

そうすると、どんどん筋肉量が減っていきます

筋肉が少なくなると、何もないところでつまずくなど、動作的な問題だけでなく、疲れやすいなど体力的な事から、やる気が出ないなど精神的な物にまで影響します


夜ご飯を食べてから、朝ご飯までが、3食の中で1番長い時間空腹になります

その上、朝食を欠食すると、さらに時間が経ち、自分の筋肉を減らすリスクが上がります


その為、朝食で、エネルギーを補給する事は、とても大切になってきます!

朝からお肉!を食べて!と言う事ではなく、軽くでも口にする事が大事になります


女性は、常にダイエットをしている方も多く、欠食だけでなく、食事量が少ない方も多いです!

朝食を食べずに、痩せるのではなく

しっかり食べて、筋肉があるカッコいい女性を目指しましょう!

血糖値の乱降下を防ぐ為の朝食

通常、ご飯を食べると血糖値が上がり、その後緩やかに下降します

しかし、朝食を抜いた後の、昼食後の血糖値は、急上昇すると言われています


血糖値は、急上昇すると、急降下する

すると、血糖値が下がりすぎ、低血糖になります

低血糖になると…

眠くなったり、イライラしたり、頭痛になったりといった症状が現れることがあります


一時的であればいいですが、血糖値の上がり下がりが日常的になると

血糖値が下がりやすくなり、普段から疲れやすい、だるい、やる気がおきないと鬱のような症状に悩まされることになります


たかが朝食ですが、日常的になると、血糖値の乱降下に繋がりますので、気をつけたいところですね

おススメの朝食

我が家の朝食は、基本的にご飯とお味噌汁


お味噌汁は、たんぱく質が豊富な上に、発酵食品

発酵食品には、便秘解消や免疫力向上効果があります!


旬のお野菜をたっぷり入れると、栄養価満点

そして、食物繊維もたっぷり

食物繊維は、糖の吸収速度を緩やかにして、血糖値を緩やかにする効果があります


発酵食品や食物繊維は、整腸作用もありますので、便秘になりやすい女性には具沢山のお味噌汁は最高です!

また、温かいお味噌汁は、身体を温め、体温を上げる効果もあります


気になる塩分は、お野菜のカリウムが排出してくれるので、減塩を気にしなくても大丈夫


そして、ご飯とお味噌汁は、「アミノ酸バランス」がとても良く、たんぱく質を理想的にとることが出来る為、黄金の組み合わせなのです!


おかずには、納豆、卵、鮭フレーク、前の日の残り物

お味噌汁は、一日分まとめて作るので、夜にまとめて作ったり、朝にまとめて作ったり

なるべく、時間がかからないようにしています


ちゃんと作ろうとしなくても

まずは、温かいスープや、インスタントのお味噌汁でもいいです

食べれるのであれば、おにぎりだけ、ゆで卵だけ

など、簡単に準備出来る物で大丈夫です


自分の生活に取り込みやすい食事から始めてください

まとめ

欠食をすることで、身体を保つ為のエネルギーが補給できず

常に疲れやすい、何となく体調が悪い、太りやすい身体になっている方、痩せているのに脂肪肝になっている

そんな女性が増えているそうです


お宿で出るような豪華な朝食を食べる必要はありませんが、朝から胃腸を動かす事が大切な事が、伝わっていると嬉しいです

どうしても朝食が受け付けない、食べる量が増やせないなんて方は、10時や15時の間食を上手に使い

おやつの代わりにおにぎりを食べるなどして、工夫してもらえれば大丈夫です




お客様の声はこちら

ブログ一覧

Contact
お問い合わせ

お問い合わせはお電話・メールフォームより承ります。
体験トレーニングも開催中。お気軽にご参加ください。