Blog
ブログ

正しく立つ

立つときはどのように立っていますか?

こんな感じに片足に体重をかけて立っていませんか?

 

私も以前はこんな感じで立っていました

職業も職業なので、お客様にはかっこよく立つねと言われたことがあります…

 

が…

この姿勢で立つことが楽と感じる方は要注意

 

身体がこれの形を覚え、ボディラインが、この姿勢の形になっていませんか?

 

ウエストラインは崩れ、くびれの位置が違ってしまいます

勿論、筋肉の均一さがなくなり、片方の筋肉は縮まり、片方の筋肉は伸び

筋肉自体は使いにくい状態になります

 

そうすると、動きの制限が出来てしまい、色々な所に負担がかかるようになります

それが、股関節痛や膝痛の原因になってしまいます

 

立つときは、両足均等に体重をかけ

母指球(親指のつけね)、子指球(小指の付け根)、くるぶしの下あたりの

3点で三角形を作るように体重がかかることが理想的です

 

足のケアとしては、昔ながらの青竹を使用してまんべんなくほぐしてあげると

とても足裏の感覚が良くなります

青竹踏み侮れませんよ!

 

名古屋市/尾張地区/女性限定

出張パーソナルトレーニング

 

股関節痛、膝痛に関するご相談やスケジュールは、お問い合わせください

ブログ一覧

Contact
お問い合わせ

お問い合わせはお電話・メールフォームより承ります。
体験トレーニングも開催中。お気軽にご参加ください。