Blog
ブログ

食べる物が体を冷やす?

当店では、初回のカウンセリングの際、お食事のお話などをお聞きすることがあります

勿論、初回に限らず、食事のご相談を受けた際にお聞きすることもあります

ダイエットがメインのお店ではないので、お食事内容をお聞きし、お客様に合った生活、家族構成などやお客様の好みに合わせた食事のアドバイスをさせて頂くことがほとんどです

食事内容を聞いて、「一番私がチェックすること!」は、身体を冷やす食材をどれだけ食べているか?です

そんなお客様との会話の中からよくあるお話をさせて頂きます

朝食はお米?それともパン?

朝ご飯は、パンですか?ご飯ですか?

パンです

パン以外は何を食べますか?

パンだけではよくないと思って、牛乳とバナナも食べています

時々、野菜も食べなきゃと思って、サラダ作ったり

飲み物は何か飲みますか?

食後にコーヒーを飲みます

コーヒー好きなんです

なんて会話を以前したことがあります

私がチェックする身体を冷やす食材をいくつ食べているかわかりますか?

洋食の朝食は身体を冷やす食材が多い

答えは、ほとんどが冷やす食材になります!

サラダに関しては、何が入っているかによってですので、グレーゾーンに入れておきます

そこで私のアドバイスになってくるのですが…

人によっては、ダイエットするならお米やパンや炭水化物を食べっちゃいけない!っていう方もいると思います

私は、食事指導に関しては、その方がどこまで求めているか?何を求めているか?でアドバイスさせて頂いています

一日三食出来るだけストレスを感じず、美味しく食べて欲しい!

あ、流石にその食生活はやばいですよって方にはちゃんと忠告します

パンが好きなんです!

パンが好きなので、朝はパンが食べたいです!と言われたら

今流行りの、生食パンや菓子パンではなく、歯ごたえのあるパンや、ライ麦などが入っているパンをお勧めします

その上で、付け合わせが体を冷やす食材にならないようにアドバイス

例えば…

牛乳→チーズ、ヨーグルト

夏野菜サラダ→根菜サラダ、温野菜、スープ

バナナ→りんご、プルーン

コーヒー→紅茶、ウーロン茶

など

極力、白い物より茶色など色が濃い物を、寒い地域でとれたもの、土の中で育ったもの、発酵しているものを中心に選んで貰えると大丈夫です

朝はパンが楽でパンにしてました

パンはいけないと思いながら、パンが楽なのでパンにしていました

なんて方もよくいらっしゃいますね

そんな方には、是非ごはんと具沢山のお味噌汁を食べてください!とお勧めしています

具沢山のお味噌汁には身体を温める要素がいっぱい入っています!

以前、漢方を扱っている方に女性は赤味噌とわかめ(海藻)をしっかりととった方がいいとお勧めされました

ちなみに、我が家はパンの時にも味噌汁は出します

まとめ

そんな食事指導の一例をあげました

女性は、体温が低い為、食事で身体を温めてあげないと日中の体温も上がりません

冷えは、太りにくくなるだけでなく、むくみや女性特有の体調不良、大きな病気の引き金になります

日々の食事が、コンディションに繋がりますので、ちょっと気にして貰えると生活ががらりと変わると思います

①冷たい物

②白砂糖・三温糖→黒糖、きび糖、てんさい糖、はちみつ、メープルシロップ

③夏野菜、南国フルーツ、精製された商品→寒い地方でとれる野菜やフルーツ、根菜、発酵食品

④緑茶、コーヒー、乳製品、清涼飲料水→発酵されているお茶、紅茶、ほうじ茶、ウーロン茶

など、あげればキリがありませんが、上記を参考にしていただければ、日々の食生活の参考になると思います

ブログ一覧

Contact
お問い合わせ

お問い合わせはお電話・メールフォームより承ります。
体験トレーニングも開催中。お気軽にご参加ください。